LINKS

PROFILE

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle

for Blog

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

大人って何だろう? 【後編】
0

     7月5日(日)の朝日新聞の折り込みに入っていた『GLOBE:大人って何だろう?』をザッっと読んだ感想のつづきです。
    (http://globe.asahi.com/feature/2015070200008.html)
    〔※朝日新聞デジタル購読者以外は一部しか読めません。〕

     歴史好きの私にとって、とりわけ興味深く読めたのは、歴史上の人物を例にあげて説明した文章でした。
     三国志の曹操は「(為政者としての)結果責任を果たす」こと、フランス王アンリ4世は「柔軟さと寛容さ」、ロシア皇帝エカチェリーナ2世は「現実主義(リアリズム)」などなど...これらが「大人のリーダーの条件」であるということです。

     まあ、その通りだろうと思います。
     ただ、これらは全て、まずは"自立"があった上で"より良い大人"になるための条件のようにも思えました。
     とりわけ「柔軟さと寛容さ」については、近年多発する「土下座強要事件」や「クレーマーの悪質化」や「モンスターペアレンツ」など、とりあえず大人であるけれども、自己中心的で、レベルが低いとしか思えないような大人が増えているような気がしてなりません。


     次に、「大人にならなくてもよい時代」は来るのか? について。
     最初に表題に興味を持ちました。大人にならなくてもよい時代...何やら面白そうな話を予感させます。ですが、中味を読んでみると、少々思っていた内容とは違いました。だからというわけではありませんが、ちょっと批判が多くなります。

     筆者は、ポストモダン型の人間はまだ存在していないとおっしゃっていますが、私もそう思います。実際に、前時代の画一化された価値観の弊害として特徴的だった"対人恐怖"は、今も無くなっていません。これは、何らかの形で画一化された価値観が今だに社会全体に横たわっているからだと思います。

     一つ気になったのが、発達障害についての件です。
     発達障害の原因の一つに「(主体が存在しない)発達障害的な心のありかた」をあげていますが、それは違うと思います。発達障害は、あくまでも脳の機能障害です。
     私には、かつて発達障害を持つ人と個人的に深く関わった経験がありますが、決して「心のありよう」などではないと感じました。心のありようによって、症状(行動パターン・思考パターン)をある程度改善させることは不可能ではありませんが、間違っても"原因"などではありません。(私はそう感じました。)

     また、「"主体"がないと、自分と他人の区別がなくなり、他人の心が理解しにくい...」といったお話も出てきましたが、これは、心理学者や精神科医、または、私のように、発達障害を持つ人と深く関わった経験のある一部の人にしか、意味がよく理解できないと思います。
     とりわけ、"自分と他人の区別がない"という点が、いったいどういうことなのか、世の中の多くの人にはサッパリ意味が分からないか、もしくは、大きな語弊を招きかねないと思います。

     発達障害を持つ人が「自分と他人の区別がない」というのは、例えば、隣の人が苦しんでいて、自分は別になんともなかったときに、
    (自分は苦しくないのに、隣の人は苦しそうにしているけど、なんでだろう?...自分が苦しくないのだから、ここに"苦しみ"なんか存在しないはず...苦しそうな"フリ"をするのには何か意図があるのでは...?)
    と、思ってしまうようなことです。

     ただし、これは直接的な他人との関わりの中でのみ起こる思考であって、たとえば、遠くに住む異国の難民などが苦しんでいる情報などをテレビなどで知れば、彼らに対して(あの人たちは苦しんでいる。可愛そうだ。)と理解できたりもします。
    (※あくまでも、これは、発達障害を持つ人と深く関わった経験のある私が、相手とのやり取りの中で感じたことです。事実とは異なるかもしれませんし、人によっても違うかもしれません。)

     つまり、私がここで言いたいのは、"大人になる・大人にならない"の話題に、発達障害の話を持ち出してくるのは、まったくの見当違いだということです。

     発達障害の話を語るときには、もっと、極力語弊のない説明を加えてほしいと思います。誤解や偏見や差別を生むような表現は、極力避けてほしいのです。それが、発達障害で苦しんいる本人のためでもあり、発達障害の人と個人的に関わっている人のためでもあるのです。

     他人の心が理解できない人が増えてきているのは、"柔軟さと寛容さ"に欠ける人が増えているからであって、"他人の心が理解できない"のではなく、"他人の心を理解しようとしない・理解するつもりがない"ということなのです。
     能力的に理解できないのではなく、激化する競争社会の中で、他人に思いやりを示す余裕をなくし、他人の心を理解するよりも、他人を打ち負かすことを優先せざる負えない状況に追い込まれてしまっているからなのです。


     また、現代の状況は、必ずしもポストモダンの時代になっているわけではないと私は考えています...
    (...ちなみに、「ポストモダン」って何?...どういう意味?)
     聞いたことはあったし、なんとなく漠然と理解していたけれども、どちらかといえば芸術用語的なイメージが強いこの言葉...。

     新聞だけでなく、公(おおやけ)に発表する文章を書くときは、カタカナ言葉(とりわけ近年の新しい外来語)を使うのは最小限にしてほしいと私は思っています。

     たとえば、パン(発泡性小麦蒸餅?)やスパゲッティー(伊太利亜風蕎麦)など、日本語にするとかえって分かりにくい言葉のみに限定してほしいのです。
     中には、国際化社会の中で、日本語ではピッタリと当てはまる言葉が見つからない場合などに、難しいカタカナ言葉を使わざる負えない場合もあるかもしれませんが、それでも出来るだけ日本語で絞り出すなり、日本語の組み合わせで新しい造語を作るなりしてほしいです。でなければ、意味や注釈を別欄にでも書き添えてほしいと思います。

    たとえば、
    「価値観多様化社会」(※ポストモダンの言葉の意味の一部。だけど、ここで重要なのは"この意味合い"がメインなので、これだけでもO.K。)
    とか、

    たとえば、
    (注:ポストモダン…理性と学問によって人間性と社会は良い方向へと進歩していく、という近代の統一された価値観が崩壊し、たくさんの情報が飛び交う世の中で、価値観が多様化していく時代の意味。)
    のように。


     話を戻します。
     私は、現代の社会はまったくポストモダンの時代になっていないと考えています。
    「理性と学問を重んずる価値観が崩壊した」という点ではそういう傾向もあるかもしれませんが、その結果として価値観が多様化したのではなく、価値観が入れ替わっただけだと考えています。ただ単に「理性と学問、人間性と社会」から「経済(お金)と力(権力)、個人の成功と結果重視」へと価値観が移り変わっただけのように思えてなりません。
     その背景には、やはり経済第一主義・競争社会(競争原理)が存在しているのでしょう。

     私は、まったく別の視点で「大人にならなくてもよい時代」が来て欲しいと考えています。
     協調性、我慢、現実主義、責任...大人として認められるためのスキルはたくさんありますが、私はこう思うのです。

    ・周囲に合わせるだけの協調性ならいらない!
    ・自分を殺してまで我慢しなくていい!
    ・お金と権力のためだけの現実主義はやめなければならない!
    ・顧客の欲求不満のはけ口としての責任なら取らなくていい!

     こうすることが「大人になる」というのであれば、大人になんかならない方がマシです。そうではなくて...

    ・自分を含めたみんなのための協調性。
    ・自分が正しいと心から思える我慢。
    ・お金や権力ではなく、一人でも多くの人を幸せにするための現実主義。
    ・失敗を糧にして、改善させようと努力する責任。

     大人とか子どもではなく、これが当たり前になるような社会になればいいなと思っています。

    | 社会問題 | 13:54 | comments(0) | - | - |
    大人って何だろう? 【前編】
    0
       来年の夏の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられます。

       私が思うに、本来は逆だと思うんですけどね。
       ひと時代昔であれば、20歳を過ぎても精神的に子どものままな人は少数派でしたが、現代は急速に増え続けてしまっているのですから。

       もしかしたら、少しでも若くて柔軟性がある(年齢的に未来への希望を抱きやすい)うちに"大人の自覚"を持たせることで、精神的に子どもな大人を減らそう、という意図があるのかもしれないけれども...
      (まあ、おそらくは、少子高齢化の中で、税金やら社会保障費やらを増やすための第一歩ってことなのかもしれないけど。)


       7月5日(日)の朝日新聞の折り込みに入っていた『GLOBE:大人って何だろう?』をザッっと読みました。
      (http://globe.asahi.com/feature/2015070200008.html)
      〔※朝日新聞デジタル購読者以外は一部しか読めません。〕

       以下、私が印象に残った部分にのみ触れていこうと思います。

       まず、イニシエーション(成人になるための通過儀礼・儀式)について。
       バンジージャンプとか割礼など、発展途上国の少数民族で行われるものが最初に思い浮かびますが、日本の成人式などもこれらの一つです。ただし、イニシエーションを済ませれば、すぐに(精神的に)大人になれるわけではありません。まずは「大人としての自覚を持つため」という位置づけであって、そこから少しずつ大人への成長が始まるってことらしい。

       ここで、日本の成人式について考えてみたときに、果たしてイニシエーションとしての役割が果たせているだろうか? ということが気になります。
       結局あれって、ただの「同窓会」みたいなものですよね?(人にもよるのでしょうが...)

       私もそうでした。
       正直、面倒くさくて行くかどうか迷っていたのを覚えています。だけど、久しぶりの友人に会えるかもしれないと思って、とりあえず行ってみることにしました。公会堂で何やらエライ人がしゃべっていたけれど、内容はもちろん、公会堂で話を聞いていた"シーンの記憶"すら、おぼろげにしか覚えていません。


       次に「自立することが大人」という考え方について。
       要するに、親元を離れて全て"自分の力"で生計を立てることです。これについては私も全くの同意見です。
      (近年では経済的な問題や親の介護などの問題で、難しいケースも多いでしょうけれど...)

       お金を自分で稼ぐこともそうですが、炊事・洗濯・掃除など、家事全般を自分で行ない、自分で行なった結果が自分に返ってくる...つまり、料理が下手くそならば、マズイものしか食べられないし、洗濯をサボれば着るものが無くなり、掃除がテキトウなら汚い部屋に住むことになる、ということです。また、稼ぎが少なければ、貧しい生活しかできません。
       これらのことを、自分の努力によって少しずつ改善していくことで、大人としての成長が促されるのではないかと考えます。


       三つ目に、社会的な現象として気になったのが、価値観の多様化によって、困難を最小限に抑えながら(ぶつかるべき困難を選択しながら)社会に出ることができるようになってきたことです。
       ひと時代昔であれば、価値観の選択肢が少なかったために、自分では回避しようのない困難に立ち向かわざる負えないケースも多々ありました。それはそれで問題や苦労も多かったのですが、こういった苦労を経験することこそが、イニシエーション(通過儀礼)のない日本人(欧米型近代国家の人々)が大人へと成長する第一歩だったような気がします。

      「若いうちは、苦労は買ってでもせよ。」

      という言葉がありますが、これは本当だと思います。
      (まあ、お金で買えるようなものでもないですけど...)

      私が、大人になり切れない世の中の若者たちに言いたいのは、

      「とにかく危険の中に飛び込め!」

      ということです。

       なにも「バイクで暴走せよ!」とか「チンピラに戦いを挑め!」といった身体的な危険を冒せというわけではありません。
       たとえば「好きな異性に告白する」とか「ナンパをする」とか「すれ違う人全員に挨拶をする」とか、そういった精神的なプレッシャー(危険?)を自分にかけていこう、という意味です。
      (注:その際には、相手への思いやりだけは忘れないようにしてください。)

      (いったい、そんなことをして何になるのか?)
      といった声が聞こえてきそうですが、これって、実はいろいろと役に立つんです。
      私自身もそうやってコミュニケーション能力を高めてきたし、他人に対して(どうすれば喜んでもらえるのか?)や(何をすると嫌がられるのか?)を、自らの体験を通して学ぶことができました。


       最後に。
       親元を離れ、結婚して、子ども作り、親になり、家庭を営む...これが大人の最低ラインだという意見があります。ヒトがこの世に生まれて、生物の能力として"出来ること"を、ひと通り全て経験するということです。

       やはり、これはどうしてもやっておきたいことだと思います。せっかく生まれてきたのだから、人間である前に"生物"なのだから、後の世に子孫を残して命を繋いで、ホモサピエンスの繁栄のためにも、ぜひ貢献しておきたいものです。

      | 社会問題 | 15:41 | comments(0) | - | - |
      録画しておいたデスノートを見ました。
      0
         録画しておいたデスノート(テレビ版)を見ました。

         巷では、原作や映画版と設定がいろいろと変わっている点が批判されているようだけれども、とりあえず私は、テレビ版はテレビ版として楽しみに見れそうな感じがしました。設定が変わっている部分も含めて、そう思えるほど良い出来になっているのではないでしょうか?

         そういう私も、原作は読んだことはなく、藤原竜也が夜神月役を演じた映画版しか見たことがないんですけどね。

         映画版では、主人公のキラこと夜神月(やがみらいと)は、頭脳明晰な優等生でとても美人な彼女もいたりする"リア充"人間でしたが、今回のテレビ版では、たいして勉強もしていない平凡な大学生で、とりわけ弥海砂を応援しているアイドルオタクという設定でした。

         映画版の夜神月は、常識的な日常生活の裏に隠された、頭が良すぎるゆえの"異常性や冷酷性"が、最初から随所に感じられたのですが、テレビ版ではそれが感じられません。映画版では、夜神月の正義感は"未熟で幼稚な正義感"だと、その異常性や冷酷性からすんなり理解することが出来たのですが、テレビ版の夜神月は、けっこうマトモで常識的な正義感の持ち主のように感じられます。

         これで、どうやって「キラ=悪、L(エル)=善」の方向に持っていくのか...?
        (※こういう方向に持っていかないと、ある種『テロリズムを肯定する問題作』とされてしまう。)
         それとも、「キラ=悪、L=善」とは違う、もっと別の方向性を示してくれるのでしょうか? 楽しみです。


        ≪キラ肯定派とキラ否定派について≫

         映画版では、キラ肯定派とキラ否定派の両方の人たちが出てきます。
         キラによる凶悪犯罪者たちへの制裁によって、世の中の凶悪犯罪は激減します。ただ、これはしょせん"恐怖による支配"なので手放しで喜ぶことはできませんが、平和の実現に向けて大きく前進します。警察機構の目的の一つである"犯罪抑止"の効果も抜群です。要するに、とりあえず"結果は出ている"ということです。

         デスノートの主題の一つとして私の個人的な考えを述べれば、これはつまり...

        「結果を重んずるのか、倫理観や過程を重んずるのか?」

        ...ということだと思うのです。
         キラ否定派の人たちは、たとえ凶悪犯罪者とはいえ人の命は大切なもの、それをむやみに奪うのは良くない。キラという個人の主観によって量刑(死刑)を決めるのではなく、公平な場としての"法の裁き"にゆだねるのが正しい。そのために警察は頑張っているのであり、その努力を認めるべきだ...といった考えです。

         つまり、結果を重んじているのがキラ肯定派であり、倫理観や過程を重んじているのがキラ否定派ということです。そして、映画版では後者を"本物の正義"と位置づけています。
         ただし、キラ賛成派が大勢いて、キラ否定派も大勢いる中で、この両者を分けているものは「結果と過程のどちらを重んじているか」ではなく、物語の中では、"未熟で幼稚な正義感を持つ者(良識に欠けている)"と、"正しい正義感を持つもの(良識のある)"の対立構造として描かれています。

         では、現実の世の中を見てみるとどうでしょうか?
         私たちが生きている現実の世の中は"結果がすべて"です。どんなに勉強を頑張っても成績が上がらなければ意味がないし、どんなに一生懸命に仕事をしても、業績が悪ければ会社は潰れてしまいます。
         スポーツの世界でも、試合に負けても(頑張ったから良い、全力を出し切ったから良い)と思えるのはその場だけであり、勝ち続けて(その世界で)有名になれなければ、プロになることはできません。プロになれなければ、いずれ普通のサラリーマンになり、そのスポーツを止めなければならないときが来ます。

        まとめると、以下のようになります。

        ・キラ賛成派    ・キラ否定派
        ・結果重視     ・過程重視
        ・幼稚な正義感   ・正しい正義感
        ・良識に欠ける   ・良識のある
        ・現実の世の中   ・理想の世の中(?)

        つまり...デスノートでいうところの、良識に欠ける部分が大半を占めている社会が、現代社会とも言えるのではないでしょうか。


        ≪恋愛要素について≫

         突然ですが、恋愛要素についても考えてみたいと思います。(そういうブログなので。)
         映画版では、キラである夜神月(藤原竜也)に一途に想いを寄せる弥海砂(戸田恵梨香)の姿に、ずいぶんと男心を揺さぶられたものでした。夜神月はアイドル弥海砂の存在すら、最初は知りませんでした。
         また、夜神月(藤原竜也)は"ツンツン男"の典型でもあり、両親の仇を取ってくれた感謝の気持ち以上に、彼のツンツンぶりに惹かれていく弥海砂(戸田恵梨香)が描かれていました。そして、ただイケメンだからというだけではなく、あのツンツンぶりに、多くの女性ファンが心を奪われたのも確かです。

         ですが、今回のテレビ版の設定では、最初から夜神月はミサのことを認識しています。認識しているどころか、夜神月はアイドル弥海砂のファンです。弥海砂の両親を殺害した犯人をデスノートを使って殺すのも、映画版では"たまたま"だったけれど、今回のテレビ版では、弥海砂の両親殺しの犯人と分かった上でやっています。

         通常、女性アイドルが男性ファンに恋心を抱くことはありません。
         何故なら、「自分に一生懸命な男=(イコール)自分よりもランクの低い男」だからです。
         女性は、より優秀な男性に惹きつけられます。厳密に言えば、優秀な遺伝子を持った男性に惹きつけられます。優秀な遺伝子を持った子孫を残したいからです。ですが、専門的な研究機関にでも依頼しない限り、染色体に含まれるDNA情報を知ることはできません。なので、相手の男性の「データ」や「言動」や「雰囲気」などで判断するのです。
         ファンである以上、「言動」と「雰囲気」において、その女性アイドルよりも「ランクが下」と判断されます。アイドルとファンの間柄では「データ」も分かりません。ブログやツイッターなどで自己紹介的に「データ」を書き連ねたところで、(わざわざ自慢話をする"小さい男")と思われるだけです。
         こういった理由で、自分のファンだからこそ、女性アイドルが彼らに恋愛感情を抱くことはあり得ないのです。

         ただし、夜神月はキラ(=ある意味、最強の武器の所有者)であり、両親の仇を取ってくれた恩人でもあり、常識的な(?)正義感の持ち主でもあります。その点で恋心を抱く可能性もありますが、映画版の夜神月(藤原竜也)と比較すると、自分のファンでもなくツンツン男でもない分、やや"弱い"と言わざる負えないでしょう。

         にもかかわらず...まさか、夜神月と弥海砂の"両想いでラブラブな"シーンなんかが出てこないでしょうねぇ?
         正直、そんなシーンはあまり見たくないような気がします。

         まあ、とにかくテレビ版デスノートの、今後の展開に注目していこうと思います。

        | その他 | 15:03 | comments(0) | - | - |
        ブログ開始のお知らせ
        0
           ブログ開始のお知らせです。


           はじめまして、木下雄介と申します。
           このたび、人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -(以下、「リトルリフル」)のブログを開設し、担当することになりました。

           リトルリフルの紹介文には「複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト」と記しておりますが、サイトを運営する「ぱた出版」では、以下のような運営・行動理念を持って、日々励んでおります。

          ■ぱた出版の運営・行動理念

          1.「経済的・時間的・精神的」に充実した生活を自ら作り出す手助けとなること。
          2.「優しくて純粋な人間」が生きやすい世の中を実現すること。
          3.コミュニケーションと感動を最も大切なものと位置づけて、人の幸せとは何かを追求していく。

           このブログでは、人間関係や恋愛感情はもちろんのこと、上記の運営・行動理念から派生する、政治や経済や社会問題、環境問題などについても考察していこうと考えております。

           ときには、各分野の識者の方々が書いた記事や談話などを参考に引用させていただいたり、その他の客観的なデータを掲載させていただくこともありますが、原則として、あくまでも「私個人の意見・主張」を書き綴ったものとしてお読みいだだけると幸いです。

           では、今後ともよろしくお願いいたします。

          木下雄介
          | その他 | 10:53 | comments(1) | - | - |