LINKS

PROFILE

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle

for Blog

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

<< 付き合うと苦労する社会人男性の特徴4 | main |
川内原発の再稼働について
0
     8月11日(火)に川内原発が再稼働しましたね。
     多くの人々が反対しているにもかかわらず、民意を無視して再稼働を強硬した安倍政権を非難するような報道が多く見られました。また、原発の再稼働に反対するのが"国民の総意"であるかのように論ずる人々もたくさんいます。

     もちろん、私も原子力発電には反対です。極めて危険だし、放射性廃棄物の最終処分の問題について未解決のまま稼働させるのは、あまりにも無計画な行動だと思います。チェルノブイリや福島など過去の例を振り返ってみても、万一事故が起こったときの対処方法が充分に確立されているとも思えません。早急に、すべての原発を廃炉にするべきだと考えています。

     ですが、私個人の考え方としては、原子力発電と同じくらい火力発電にも反対です。地球温暖化が着々と進んでいる今、こちらも早急に全廃するべきだと考えています。

     そもそも、福島原発の事故が起こる前までは、地球温暖化対策としての"火力発電の削減"は着々と進んでいました。
     今回の川内原発が再稼働に対して「原発回帰」という言葉を使って批判する人々が大勢いますが、福島原発の事故によって「火力発電回帰」が起こったことに懸念を示す人が少なすぎる(というか、ほとんど聞かない)のが、私にとっては不思議でなりません。

    「原発無しでもやっていけているのに、なぜ再稼働する必要があるのか?」

     と言う人たちがいますが、こういう人たちが「地球温暖化問題」についてどう考えているのか聞いてみたいです。一刻も早く、火力発電も大幅に削減しなければならない、という意識が欠けているのはないでしょうか?

     仮に、今のまま原子力発電だけでなく火力発電も全廃すれば、輪番停電どころじゃ済まないでしょう。一部の限られた地域にのみ、それなりに電気が供給されるだろうけれども、日本じゅうの大半の地域が"電気が一切届かない場所"となり、日本経済は壊滅的な打撃を受けるでしょう。
    (ダムなどの)大型水力発電がメインになるわけですが、これだけでは現代文明を維持することは出来ません。

     今のまま地球温暖化が進めば、今世紀末(2100年)には地球の平均気温が4℃上昇するだろうと言われています。4℃上昇することによって、人間生活にどのような影響が出るのかは研究途中らしいですが、海面上昇によって陸地が減少したり、超大型台風や集中豪雨が増えたり、生態系が大きく変化して世界規模で食糧生産量が激減する、といった予測も出ています。原発事故による放射能汚染も絶対に起こしてはいけませんが、これらも相当ヤバイことだと思うんですけどね...。

     今世紀末ということで、しょせん自分の孫・ひ孫の代で起こることだから(別にどうでもいいや)とでも思っているんですかね?


    ■未来を考えれば「三者択一」の時

    1.放射能汚染のリスクを負う(火力を無くして原発を使う)
    2.地球温暖化による数世代後の人類衰退を覚悟する(原発を無くして火力を使う)
    3.人類が近代文明を放棄する(原発も火力も無くす)


     上記のうち、今はどれか一つを選ばなければならない「三者択一」を迫られている時だと、私は思うのです。

     ちなみに、3番に関してはワザと極端な言い方をしていますが、"方向性として"近代文明の放棄に近い形ということです。要は、電気や化石燃料を大量に使用する近代文明を放棄して、電気や化石燃料をほとんど使用しない新しい文明へとシフトしなければいけない、ということです。

     今、全力で原発再稼働に反対している人たちは、恐らく下記(4番)のような未来像を思い描いているのでしょう。

    4.原発ゼロはもちろんこと、自然エネルギーの台頭で火力発電もいずれゼロになり、地球温暖化も解消し、充分なエネルギーを確保した上で現代文明はますます発展する...


     ですが、現状ではそんな世の中が実現する見通しは立っていません。

    A.自然エネルギーの技術的な問題
    B.自然エネルギー普及のための社会システム上の問題
    C.自然エネルギー普及のための政治システム上の問題


    A(技術的な問題)について
     太陽光発電は夜間は発電できません。風力発電は風が吹かなければ発電できません。よって"安定供給"は出来ません。また、どちらも発電量は極めて微少で、原子力発電や火力発電の代替とするためには、膨大な数量の施設が必要になります。(その施設を作るためのエネルギーはどこからまかなうのでしょうか?)
     安定供給のための蓄電設備は、現状では考えられないようです。強いて言えばリチウムを利用した充電池が最も優れた蓄電方法らしいのですが、地球上のリチウムの量の問題だけでなく、リチウム充電池を作る過程で膨大な電力が必要になるので、そのためのエネルギーをどうするか?...という問題もあるのです。
     地熱発電・波力発電・マイクロ水力発電についても、発電量は極めて微少です。また、施設を設置できる場所が限られているため、原子力発電や火力発電の代替としては役不足です。ただし、安定供給はできます。


    B(社会システム上の問題)について
     資本主義社会の世の中では、お金持ちは太陽光発電や風力発電を設置できますが、そうでない人には何も出来ません。一部の大富豪を除けば、自分たちのための設備を用意するのが精一杯で、私財を投げ打ってでも世の中のために貢献しようとする人はほとんどいないでしょう。
     これでは、たとえ自然エネルギーの技術的な問題が何とかなったとしても、地球上に広く普及させることは難しいでしょう。


    C(政治システム上の問題)について
     民主主義の多数決による決定方式では、必ずしも"正しいこと"が優先されるとは限りません。また、民主主義には、遠い未来のことよりも目先のことを優先する傾向もあります。
     私個人の考えでは、原子力発電や火力発電の代わりに自然エネルギーを爆発的に普及させるためには、国が主導でせっせと発電設備を作りまくるしかないと考えています。自然エネルギー発電に従事する人を大量に雇って完全に公務員化するのです。そのためには、大増税が必要になるでしょう。消費税なんか簡単に40%〜50%ぐらいまで跳ね上がるんじゃないでしょうか?(ここで言っている"%"はテキトウです...)また、自然エネルギー発電設備を設置する土地の買収にも大金が必要になるでしょう。
     今の民主主義の世の中で、こんなことが実現するとは思えません。

     かつて"古代ローマ帝国"では、カエサル〜オクタビアヌスの時代に「共和制」から「帝政」へと移行しました。現代の私たちの一般常識では「帝政よりも共和制の方が良いに決まっている。なぜ逆行したのか?」と不思議に思うかもしれません。
     しかし、これにはちゃんとした理由がありました。古代ローマ共和国の領土が広大になり過ぎたため、共和制の元でチマチマと時間をかけて議論していては、遠方の国境地域での対応が遅れてしまう、と考えたからでした。その結果、決定権を皇帝一人に持たせて、遠方の国境地域で何か起これば、即座に対応を決定して迅速に動けるような体制にするしかなかったのです。

     2000年以上も昔の例を引き合いに出すのはナンセンスなのは分かっていますが、一つの発想として、(本当に民主主義が理想の政治体制なのか?)(民主主義のままで地球環境問題を解決させることが出来るのか?)について、考えてみた方が良いと思うのです。


    ■「原発安全神話」と同レベルの妄想

     近代文明を保持したまま自然エネルギーに移行させることは"ほぼ"不可能であるにもかかわらず、自然エネルギーの台頭に多大な期待を寄せることは、かつての「原発安全神話」を妄信する姿勢と何ら変わらないのではないでしょうか?

     あくまでも私個人の考えですが、やはり今、全ての人々が選択すべきなのは、

    3.人類が近代文明を放棄する(原発も火力も無くす)

    だと考えています。

     誤解のないように付け加えれば、ここで言う「近代文明」とは、「電力大量消費文明」と「化石燃料大量消費文明」を指しています。なので、これらに当てはまらない文明は放棄する必要はありません。
     電気だって、自然エネルギーでまかなえる範囲であれば使ってもOKだし、化石燃料でなければ、薪や油やロウソクなどで火を起こすことは可能です。

     もちろん、もしもそうなれば、現代よりもはるかに質素な生活を余儀なくされるでしょう。きっと、想像を絶するほどの質素な生活になってしまうでしょう。普通に考えれば、今よりもずっと"幸福感が少ない人生"を強いられると思ってしまうのではないでしょうか?

     私たち(ぱた出版)は、世の中がこのような社会になろうとなるまいと、人々が充分に幸福感を得られるような社会を築きたいと考えています。そして、たとえ物質的には今よりも質素になり、いろいろと不便になったとしても、人と人との繋がりと、その暖かい温もりの中で、充分に幸福感が得られるような社会を築きたいと考えているのです。


    「物に満ち溢れて何一つ不自由はないけれど、誰一人として打ち解ける人がいない"孤独な"人生」を送るのと、
    「物があまり無くて色々と不便なことが多いけれど、心が通じ合える家族や仲間に囲まれて"心が満たされている"人生」を送るのとでは、きっと前者よりも後者を選ぶ人の方が多いのではないでしょうか...

    ...イメージとしてはこんな感じです。
     本当に心が満たされていれば、電気や化石燃料が無くたって全然OKだと思えませんか?
    | 社会問題 | 13:53 | comments(0) | - | - |