LINKS

PROFILE

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle

for Blog

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

<< 付き合うと苦労する社会人男性の特徴3 | main | 川内原発の再稼働について >>
付き合うと苦労する社会人男性の特徴4
0
     今回も、編集者・作家・評論家の櫻井秀勲さんの著書『結婚こんな男性を選びなさい』を参考にして書かれた、「オトナの魅力」に要注意!?結婚すると苦労する社会人男性の特徴・4つ[モデルプレス]( http://mdpr.jp/column/detail/1505953 )という記事を読んで感じたことや考察について書きたいと思います。今回が最後です。

     付き合うと苦労する社会人男性の特徴として挙げられていたのは、以下の4つのタイプでした。

    1.「持ち物が高価」な男
    2.「批評家気取り」な男
    3.「忙しいアピール」をする男
    4.「味へのこだわりが強い」男

     男性から見れば、胡散臭くてとてもモテるとは思えないタイプのように感じますが、どうやら女性にとっては、ワリと魅力的な"大人の男"を感じさせるタイプのようです。

     まさに、男性と女性の"感覚の違い"とはこういうことを言うのでしょう。


    ■ 4番「味へのこだわりが強い」男の基本的な魅力

     いったい、これは何でしょうねぇ〜。料理人が自分の作る料理の味にこだわるのは分かりますが、食べる側の人間で"味へのこだわりが強い"っていうのは、一見、何をアピールしようとしているのか分かりませんね。

     記事では、結婚後に味について色々と注文を出されると大変だ、といったことが書いてありました。ということは、これはアピールがどうこうという話ではないのかもしれません。

     味へのこだわりが強い男に女性が魅力を感じてしまう理由は「味の違いが分かる男=感性の鋭い男」というイメージを持ってしまうからかもしれません。そういった男性の感性の鋭さに"優秀さ"を見出してしまうのかもしれません。

     だけど、感性が鋭いとは言っても、ただ単に「味覚」だけなわけだし、料理人でもない限り、味覚が敏感なことが、そこまで有益な能力だとは思えないんですけどね...。


    ■ もしかしたら「育ちの良さアピール」や「経験値が高いアピール」なのかも

     育ちの良い人間は、裕福な家に生まれたというイメージがあります。そして、両親が裕福ということは、成功者の家系=優秀な遺伝子を持っている可能性が高い、という図式が成り立ちます。
     ということは、もしかするとこういうことなのかもしれません。

    味のこだわりが強い=高級な料理を食べる機会が多かった=育ちが良い=裕福な家に生まれた=優秀な遺伝子を持っている...というアピール


     ずいぶんと遠回しなアピールですが、「味のこだわり」が「優秀な遺伝子」になんとかつながりますね。

     味にこだわりが強いということは、たくさんの料理を食べてきた、"経験値の高さ"をアピールすることにもつながります。しかも、けっして安い料理ではなく高級な料理というイメージです。
     これは、ある意味"本物志向"とも言えるし、1番の「持ち物が高価」な男と同じように「自分は物事の価値を判断できる人間だ」という優越感に浸れるセルフイメージの形成にも役立っています。

     ただ、私にはどうしても「味覚」に対して、人によってそれほどの優劣があるとは思えないんですよね。「味にこだわりが強い」っていうのは、ただ単に"好き嫌いが激しいだけ"なんじゃないかって思ってしまいます。
     美味しいか不味いか、ただそれだけで良いような気がするんです。あくまでも、私の個人的な意見ですけれども...。

     もちろん、私も多少は好き嫌いはあります。
     食べられないわけではありませんが、"味噌の味付け"と"お酢の味付け"が苦手です。とりわけ、キュウリなどにそのままの味噌を付けて食べるのはイヤですし、酢の物なんかもどこが美味しいのか分かりません。ただし、味噌ラーメンは美味しいと思うし、お寿司だって大好きです。

     また、濃い味よりも薄い味の方が好きというのもあります。生まれも育ちも関東ですが、(薄い味が中心の)関西だったら良かったと思うこともあります。塩やしょうゆやソースなどの調味料の味よりも、(食材本来の)旨味の味や出汁(ダシ)の味が好きなんです。

    つづく
    | 人間関係・恋愛 | 07:48 | comments(0) | - | - |