LINKS

PROFILE

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト Little Riffle

for Blog

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト

<< カラーコンタクトレンズは気持ち悪い? | main | 付き合うと苦労する社会人男性の特徴 >>
女性のネイルアートは気持ち悪い?
0
     前回のカラーコンタクトに引き続き、意外と男性からの評価がイマイチな女性のおしゃれアイテムとして、ネイルファッション(ネイルアート)の話をしたいと思います。

     あくまでも私の主観なのですが、やはり女性のツメは"何もしない自然なまま"が一番だと思うのです。

     ネイルカラー(マニキュアの色)は、赤やピンクなどの一般的な色であれば、まだ何とか我慢できるのですが、その他の色で着色した場合、どんなにキレイな色で仕上げてあったとしても、なんとなく気持ち悪く見えてしまいます。

     それでも、ツメ全体がシンプルに一色で塗られていれば"まだマシ"なのですが、模様が入っていたり、小さい絵が描いてあったり、先端の方だけ違う色になっていたりすると、ツメが汚れているか、カビが生えているようにしか見えません。

     そして、いちばん最悪なのは、何か変なものをゴテゴテと貼り付けている「三次元のネイル」です。あれって正直、ただ"ゴミ"がついているようにしか見えません。最悪の場合、何らかの病気によってツメが変形してしまったのではないかと感じてしまうこともあります。


     以前、何かの記事で見たことがあるのですが、男性が好む「女性のネイル」のアンケート結果で、以下のような順位になっていたのを覚えています。


    ≪男性が好む"女性のネイルアート"≫
    1位:何もしない
    2位:クリア(透明)
    3位:ピンク
    4位:赤
    5位:デザインネイル(三次元のネイル・模様のあるネイル)


     正確なパーセンテージ(%)は忘れてしまいましたが、1位と2位だけで全体の70%を超えていたような記憶があります。
     その理由として挙げられいたのは、(ネイルをやっている人は)「まったく家事をしていないように感じる」や「あれじゃあ家事ができない」など、"家事"への不安が最も多かったのですが、正直(みんな、控えめな理由を選んだな...)と感じました。

     正直(本当の理由はみんな違うんじゃないかな?)と思いました。もっとハッキリと「単純に気持ち悪いから!」と言える男性は(やはり少なかったのかな...)と思いました。

     3位と4位の理由で多かったのは「女性らしい色だから」、5位の理由で多かったのは「別に気にしない・女性が満足ならそれでいい」、そして、ほんの少数ながら「キレイだと思う」という意見もありました。

     私の個人的な意見としては、やはりツメは「目立たない・主張し過ぎない」のがベストだと思います。なんなら、ツメなんか「生えていない」のが"究極的な理想"とさえ思っています。


     それにしても、現代の女性たちは、"男性の意見"や"男性の趣向"を「どうしてここまで無視できるんだろう?」って思うんです。

     その理由として考えられるのは、以下の3つです。

    1.流行に影響され過ぎているから。(女性ファッションの流行の発信者は主に女性であり、女性の"主観"によって生み出されているから)
    2.相手の女性から嫌われないように、男性が「キレイだね」などと無理をして誉めたりするから。
    3.そもそも、近年の女性の地位向上によって、男性を軽視する風潮があるから。

     前回のテーマの「カラーコンタクト」などは、おおかた間違っているとはいえ"男性の目を意識した結果"としての行動です。そう考えると、やはり2番の原因が大きいのでしょうか。


     かつて、平安時代などは「太っている女性」が美しいとされていた時代がありました。また、「お歯黒」ように、歯を真っ黒に塗って"歯が生えていない"ように見せるのが美しいとされていた時代もありました。

     そう考えると、ファッションや美的感覚は時代とともに移り変わっていくものなのかもしれません。
    もしかしたら、ネイルアートやカラーコンタクトの流行は、ファッションや美的感覚が移り変わる、一つの"過渡期"を意味しているのかもしれません。

     ただ、そこに挑む者は"充分な覚悟"をしておく必要があるのではないでしょうか。

     なぜなら、嫌われないように「キレイだね」とか言って気を遣う"弱気な男"ぐらいしか、あなたを受け入れてくれる男性はいなくなってしまうのですから...。
    | 人間関係・恋愛 | 10:52 | comments(0) | - | - |